アルバイトとは

知っておきたいアルバイトにまつわる税金

働きたい時にだけ働けるのが、アルバイトの大きなメリットとなっています。
しかし、給与をいただく立場である以上、税金の支払い義務も発生するので注意しましょう。
アルバイトの税金は、雇用側の事務処理において源泉徴収されるか、自分で確定申告して納税するかのどちらかです。
前者の源泉徴収であれば、アルバイトをしている労働者自身が何もせずとも、雇用している会社から税務署に納税されます。
もっとも、これは見なし納税であって、正確な金額は年末調整によって計算される仕組みです。
会社が年末調整をしてくれない場合は、自分で確定申告しないと差額が生じる可能性があります。
後者の自分で確定申告から行うケースでは、アルバイト先からもらった給与明細などを基にして、年間収入を申告します。
2つ以上の会社でアルバイトをしている方は、自分で申告しないといけないので、忘れずに確定申告と税金の支払いを行いましょう。
確定申告さえ済ませれば、口座振替か、窓口での現金払いによって支払えます。

アルバイトでも税金を意識しよう

アルバイトでも収入によって、税金がかかるのはご存知でしょうか。
そのため勤務時間を意識しておく必要があります。
なぜなら勤務によって時給つまり収入を得る以上、勤務時間と同じように捉える必要があるからです。
その事を詳細に理解している方は少なく、バリバリ働いている方が多いはずです。
もしくは知っていても気にしていない方かもしれません。
もちろんそれは間違っていません。
アルバイトは性質上正社員より収入は減るので、税金は少額です。
ただそれをアルバイト先で教えてもらえる事は少ないはずです。
そのため自分から勉強して学ぶ必要があります。
一番もったいないのは税金の対象である収入をちょっと超える事です。
言い換えればほんのちょっとの差で、かかるかかからないかが決まってしまうので、意識しておいた方が良さそうです。
税金というと税理士に相談するなどの大掛かりな事を想像するかもしれませんが、手続きはそう難しい事ではありません。
収入を証明できるものを持参すれば大丈夫です。

注目サイト

池袋のチケットショップ

2017/10/19 更新

Copyright (C) アルバイトを知る All Rights Reserved.