アルバイトとは

外国人でも採用されやすいアルバイト

外国人でも採用されやすいアルバイトは、外国人が多いエリアでの接客業です。
スーパーやファーストフード店、コンビニエンスストアー等は比較的誰でも受け入れてくれます。
特に外国人が多いエリアでは、英語ができる人が求められるので英語ができる外国人は採用されやすいです。
また、外資系企業でアルバイトをすることも可能です。
このような仕事は多くはありませんが、ないわけではありません。
興味があるなら、様々な外資系企業の求人情報をチェックしておくべきです。
アメリカ人やイギリス人、カナダ人、オーストラリア人、ニュージーランド人に関しては英会話講師のアルバイトが沢山あります。
このような人は時給も高く、時間の自由も利くので、英会話講師をやっている人も多くなっています。
日本語ができれば日本人がやるアルバイトにも参加できますが、積極的に受け入れているところは前述の仕事以外だと少ないです。
基本的には接客業につくのが基本となります。

日本で外国人がアルバイトする際の注意点

外国人が日本でアルバイトをする際の注意事項があります。
在留資格の関係で許可がいる場合があります。
在留資格が日本人の配偶者等であれば、就業制限がありませんので、どのような仕事にもつけますし、労働時間も基準法の範囲であれば、問題ありませんが、留学生のアルバイトの場合は、就業するにあたり、資格外活動許可が必要で、法務局の入国管理局に申請しなければならず、これをとらずアルバイトをすると、雇用側も罰せられます。
またアルバイトも、留学の目的の入国のため、勉学に支障ないように、一週間で20時間と上限があります。
外国人留学生の場合、就業の内容も制限されており、風俗営業法に掛かる接客サービスにつくことはできません。
また、アルバイトで外国人だからという理由で、最低賃金を下ることは許されませんし、国籍により採用するしないといった差別も許されません。
一日の労働時間によりますが、6時間を超えて働くと45分の休憩を与える必要があり、労働基準法の適用があります。

recommend

オーダーカーテン 横浜
http://www.c-aube.jp/

2017/4/14 更新

Copyright (C) アルバイトを知る All Rights Reserved.